入管手続きを依頼するメリット・デメリット

こんにちは。
行政書士 葛飾江戸川総合法務事務所のアテンドキャラクタ―の細谷叶恵です。
こちらでは入管手続きを依頼するメリットを簡単に3つ紹介いたします。


入管手続きを依頼するメリット


1 大切な時間と能力を費やさなくて済みます
入管手続きは数年に一度しか行わない手続きですので、日常化している行政書士には必要な知識ですが、皆様は覚える必要がございません
皆様の大切な時間と能力は入管手続き以外でご活用ください。


2 ビザ取得(又は更新)の許可の確率が上がります
入管手続きは皆様でももちろん行えますが、手続きが難しく、書類一式を提出しても不許可になる可能性がございます。
行政書士は多くの専門知識とノウハウを持っていますので、許可取得の確率を上げることができます。
入管手続きは外国人の皆様が日本で働いたり、留学したりするために、法務省が用意した制度であり、不許可になってはいけない手続きです。


3 少しでも早い申請が可能になります
弊所は1日でも早い許可取得を目指しております。
行政書士が膨大な資料の収集や書類作成をスムーズに行うことで、皆様のスケジュールに余裕が生まれます。


入管手続きを依頼するデメリット
大変恐縮ですが、有料なので申請を代理してもらうのにお金がかかります…