『持続化』給付金の申請代行をします

行政書士葛飾江戸川総合法務事務所は丁寧に依頼人からの言葉に耳を傾け、親切に接していきます。
そして、皆様が安心して、持続化給付金の申請代行を任せられるようお手伝いをさせて頂きます。
おかげさまで皆様からの口コミや評判も良い事務所として運営させて頂いております。
足立区、台東区、荒川区、墨田区、松戸市、柏市、三郷市、取手市の方からもご相談やご依頼を承っております。

「こんにちは。
行政書士葛飾江戸川総合法務事務所のアテンドキャラクタ―の細谷叶恵です。
こちらでは持続化給付金をご紹介します。」

概要


持続化給付金は申請したいけど、方法がよくわからない…。
そのホームページを見ても、難しい言葉が多くて嫌になった…。

持続化給付金については日々変更がなされていて、本当に毎回内容を確認するのが大変だと思います。
弊所はそのような皆様の悩みを、

成功報酬制で給付金額の6%の手数料(最低金額は2万円)

で解決し、提携の税理士の先生と一緒に皆様のお役に立ちたいと思っております。

具体的な方法としては…、

1 弊所がノートパソコンを持参し、
2 内容を確認してもらいながら、
3 代わりに入力作業を行います。

 




持続化給付金の担当士業は行政書士


持続化給付金の担当士業がどの士業なのか、普通はご存知ないかと存じます。
実は、行政書士が担当なんです。
しかし、その行政書士でも代理申請することはできません

行政書士が皆様のお役に立てること

「うん、持続化給付金の申請は確か自分でやらないといけないんだよね、オンラインとかで…。
じゃあ、行政書士の先生はそれについてどんなことができるの…?」

ということになりますよね。

行政書士ができること、それは…、

1 パソコンなど通信端末や環境の貸し出しができます。
 また、申請時に行政書士のメールアドレスを入力することもできますので、行政からの返信メールも行政書士が受けて、修正の準備を行うことまでできます。

2 必要資料のデータ化ができ、そして皆様のパソコンなどの端末を使って、皆様の同意や意思を確認しながら代わりに入力作業をし、申請の送信ボタンを押すところまでできます。

ということは…、「ほぼ」申請は行政書士が代わりに申請するのと変わりありません。

※注意
でも、「じゃあ、必要な書類を行政書士の先生に渡して、申請をお願いしている間、どこかに出かけちゃおう」
というのはいけません(それでは禁止されている「代理申請」になってしまいます)。
「これで申請内容は大丈夫ですか?」
と、こちらからきちんと内容の確認を伺いながら、一緒に手続きを進めていきます。




行政書士以外の士業ができること


先ほど、申請フォームの入力と送信(支援者による支援)は行政書士が行うことができるとお伝えしましたが、その一連の作業で報酬を請求できるのも行政書士だけなんです。
でも別にそんなことは、皆様の方からしたら、どうでもいいことですよね…。
一応その理由を掲載します。
それは…、申請フォームの入力と送信は、官公署に提出する書類作成という行政書士の専管独占業務に該当するからです。

では、行政書士以外の士業(弁護士、社会保険労務士、税理士など)が持続化給付金で皆様のお役に立てることはないのか、というとそうでもありません。

実は、
無償であれば…、行政書士以外の士業でも行う
ことができます。
そのため、日本各地に無料サポート会場が設置されています。

また、
有償でも…、申請手続きや操作方法の説明、必要資料のチェック作業
(代わりに入力作業や申請の送信ボタンを押すことはできず、皆様自身での申請することは変わりません…)
などは行政書士以外の士業でも行うことができます。




まとめ

行政書士は持続化給付金の入力作業を代わりに行うことができますので、皆様のお役に立てることは多いかと思います。
「申請は大変だし…、よくわからないし、失敗しても嫌だからちょっとお願いしてみようかな…?」
とお感じの方は下のボタンを押して、お気軽に弊所へご連絡くださいませ。