遺言書はどうして必要か(音声付)

 

最近、遺言書の話題がよく上ったりしていますね。
あなたはもう遺言書を作成されましたか?

どうして遺言書が必要なのでしょうか … ?
どうすれば残されたご家族が争うことなく、あなたのご希望通りに財産分与を行うことができるでしょうか…?
その解決法の一つが遺言書でございます。



遺言書は大切なご家族への最期のメッセージであり、残されたご家族をトラブルから守ります
遺言書は、あなたにとって大切な書類でございますが、受け取るご家族にとってはあなた以上に大切な書類でございます。
遺言書がなかったために、あなたが財産をあげたいと思っていた方に渡らないこともございます。
遺言書内にあなたのご家族を想う言葉があることで、あなたの言葉が心に残り、先々のご家族の絆をつなぎとめたりもします。
遺言書が作成されていることで、法律の決められた相続配分にならずに、本当の意味での平等な財産分割がなされ、ご家族の争いを未然に防ぐときもございます。


元気なあなた、だから遺言書を作成できます
遺言書は、あなたが元気なうちは簡単に作成できます
しかし、健康状態がどのような状態であっても…、遺言書くらいは残せるだろうとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか…?

実は…、年齢を重ねますとどんどん作成しにくくなってしまいます
そして、認知症になってしまっては…、原則遺言書を作成することは難しくなります
医療が飛躍的な進歩を遂げた現在、平均寿命は伸びたものの、遺言書を残す前に認知症を発症される方がたくさんいらっしゃいます

民法第963条 (遺言能力)
遺言者は、遺言をするときにおいてその能力を有しなければならない。

このように、あなたが元気なうちは時間があれば簡単に遺言書を作成することができますが、体が不自由になると、途端に作成自体が難しくなります。




遺言書があることで未来にどのような影響を与えるのでしょうか
きちんとした遺言書を作成することでご自身とご家族への心配がなくなり、落ち着いて老後の生活を送れます。
例えば…、あなたが高齢者で介護施設に入居しているとしましょう。
あなたのご自宅の管理やあなたの世話を甥又は姪が長期間にわたり丁寧に行ってくれた場合、あなたは
「いつも自分の世話をしてくれているこの子に、自分の財産の一部を譲ってあげたい」
というお気持ちが芽生えるのではないでしょうか…?
しかし、遺言書がない場合、あなたの大切な財産はご子息様やお嬢様、或いはお父様やお母様に渡り、あなたの世話をされたその甥又は姪には一切渡らない可能性が極めて高いです
もし…、遺言書を作成し、その甥又は姪に遺産を相続させる旨の記載があれば…、あなたは安らかなお気持ちで日々の生活を送ることができるのではないでしょうか。

また、あなたが事業者で、事業用の財産等を兄弟平等に分けられてしまった場合…、将来兄弟が不仲になったとき、経営方針等で揉めてしまうと…、事業が行き詰まる可能性があり、社員の生活にも影響を及ぼしかねません
遺言書を以って、事業用の財産は長男に譲り、事業財産以外のご家庭の家や土地、預金などを次男に譲るなどをして、上記のような状態を避けることも可能でございます。

さらに、残された相続人が先妻の子どもと後妻の場合などは、相続トラブルが頻繁に起こっています。
親族には、かつてのような相互扶助の精神が薄れてきました。
これは核家族化が進んだ社会の影響だとわたくしは思います。
一昔前とは異なり、今は…、親族の葬式で訪れた葬儀会場が唯一の親族会、という淋しいことが起こっている時代でございます。
遺言書がなければ、あなたの大切な財産は民法の規定された法定相続人へ勝手に分割されてしまいます
あなたのお考えやお気持ちを大切なご家族に伝え、あなたの思い通りに相続させるためには遺言書が必要なのでございます。

いかがでしょうか…?
拙い紹介ではございましたが、どうして遺言書が必要なのか伝わりましたでしょうか…?


「遺言書を作成をする時には元気な状態でないといけないですが、そのことをご存知でない方が多く、とても残念です。
認知症を発症してしまうと大切なご家族を守る遺言書が作成することが難しくなる…。
医療が発達して平均寿命は延びても、健康寿命ははそれに比例して延びているわけではない…。
私はこういう現実から、遺言書は早期作成した方がよいことをもっと色んな方に知ってもらいたいです。」