風俗営業許可取得までの流れ

こんにちは。
行政書士 葛飾江戸川総合法務事務所のアテンドキャラクタ―の細谷叶恵です。

風俗営業許可取得までの流れはどのようなものでしょうか
実際に風俗営業許可申請をするとなると、どのような流れになるのでしょうか…?

許可申請にあたり、全部で10のステージを踏んでいきます。
風俗営業許可には時間がかかります。
飲食店営業許可申請も含めると、短くても2ヶ月はかかります。

早く営業を始めたいお気持ちは察しますが、きちんとスケジュールを立てて、確実に許可を取得できるようにしましょう。



風俗営業許可取得までの流れ
許可に向けての準備(1~4)
1 打ち合わせ
用途地域の確認のため、営業所所在地の住所を確認します。
用途地域の種類によっては保全対象施設の規程距離が変わったり、そもそもお店が出せない地域だったりします。
申請の準備をする前に、大切なところから着手していきます。

前科がないか等の欠格事由の確認をします。
前科等があると、お店を出すことができません
嘘はつかないようにお願いいたします。
公表されてはおりませんが、警察署に申請する以上、恐らく許可申請時に警察内部のデータベースでこっそり前科照会はされていると思います(本当にやっているか訊いたことないですが…)。
そして言われたこともありませんが、もしそこで、所轄の担当者に

「前科があるから申請できませんね」

と言われたら、たまらないです…。

内装に必要な基準を示す書類を渡しておきます。
まだ調査もしていないので、申請の準備をするわけではありませんが、この時点で内装に取り掛かっていることは実務上多いかと存じます。
ですから、内装の担当者に書類を必ず確認し、許可基準を満たすよう指示してください。
許可基準を満たさず、再工事、という悲惨な事態を予め避けるためにも、事前に基準を示す書類を渡しておきます。

本来であれば、調査が終わるまで、内装に取りかかったりするのは待ってほしいです。
もし、調査した結果…、規程距離内に保全対象施設があることが判明すれば、キャバクラ経営の道は絶たれます…。
かけた費用を無駄にしないためにも、バーに移行する(バーや居酒屋は、規程距離内に保全対象施設があるかは申請するのに関係ないためです)、というお話を聞いたことがありますが、あまりに悲惨です…。

一番は物件契約前に、行政書士に調査だけでも依頼することです。
これなら万が一、予定地周辺に保全対象施設があることが判明しても、高額な物件の契約費も内装費もかからず、調査費だけでほぼ経済的な損失は免れられます。


2 保全対象施設の調査(その場所でお店の申請ができるかどうか判断する一番大切な調査)
営業所所在地でお店の申請ができるかどうかの調査をいたします。
実際に歩いて回り、例えば、店舗から半径100m以内に学校や病院、図書館、入院施設のあるクリニックがないか、認証・認可保育園がないか、児童遊園がないか、を全件漏らさず確認いたします。

「そんなの駅近に結構あるんじゃないか…?」

とお考えになる方もいらっしゃると思います。
はい…、その通りでございます。

このような保全対象施設が規程距離内に1件でも存在すると、お店を申請することがまずできません…。
実際歩いて周辺を回るのは、現在建設中の保全対象施設は地図に反映されていないので、自分の目で確認するしかないからです。
建設中の保全対象施設も規程距離内にあってはいけません
厳しいですね…。

また、

「前もここはキャバクラだったからわざわざ調査しなくても大丈夫でしょ」

というお言葉を皆様から頂いても、大変恐縮ですが必ず調査いたします。
なぜなら…、以前のキャバクラが営業を開始してから、今日にいたるまでに新たに保全対象施設が建設されて、状況が変わっている可能性が多いにあるからです。
例として…、待機児童を減らそうという自治体の動きから、今、駅前に保育園ができ始めています。
ビルのある階を改装して保育園ができたりもしています。
わたくしの事務所の最寄り駅である金町駅周辺にもたくさんの保育園が2019年に一気に建設されました。
こうなるともう…、保育園周辺では新たな風俗営業許可を申請できません。
尚、近くに保全対象施設があっても、以前からある風俗営業店はそのまま営業を継続できます

とても大切なことなので、話が脱線してしまいましたが、

診療所関係は保健所
保育園、学校は区役所
児童遊園は児童福祉局

と、全ての歩いて確認した施設を、担当の官公庁へ全件問い合わせ確認いたします。
この調査結果も最終的な警察署に提出する必要書類に含まれています。


3 保全対象施設がなければ、正式に受任
規程距離内に保全対象施設がなければ、ここにきてやっと正式に受任になります。
ここから申請の準備が始まります。


4 内装の確認、営業所の計測等
内装が申請基準を満たすかどうか、確認いたします。
申請に精巧な図面の提出を求められますので、実際に営業所の計測を行わせて頂きます。
大家さんから渡されたりする図面を提出するのではいけません。
理由は、所轄担当者と浄化協会による実査で、
「本当に提出された図面と実際の営業所の形が一致しているか、その場で本当に計測確認されるから」です。
計測された値と図面の値が一致しなければ、許可はおりません。
そのため必ず実測し、作成した図面を警察署に提出しないといけません。

広いと当然計測に時間がかかりますし、店舗の形が長方形でなく、台形などの斜めの線が入る店舗は面積の計算が複雑になってきますのでより時間がかかります。
また、椅子、テーブル、電気などの全ての配置も実査時の配置と図面上の位置を一致させる必要がございます。
そのようなところまで所轄担当者と浄化協会による実査では全て図面と実際の営業所が一致しているか確認されます。
そしてくどいですが、そこも一致しなければ、許可は下りません。
実査は思っているよりもとても厳しいものであると認識していただけたらと存じます。



飲食店営業許可申請をまだなさっていない方への案内(5~6)
5 飲食店営業許可申請は保健所に申請
飲食店営業許可申請は保健所に申請しますので、警察署に申請する風俗営業許可申請とは別の動きをします。
調理場が完成していれば、飲食店営業用の図面は作成できます
保健所の職員は衛生面の確認をしますので、調理場を見ます。
したがって、この時点では客室は完成していなくても大丈夫です。
申請後実査までは一週間程度かかります。
また、実査の予約にあたり、依頼人と行政書士と保健所の職員の3者の都合を合わせる必要がございます。


6 保健所による現地検査から許可証発行まで
保健所の職員が実際に営業所にきて現地検査を行います。
現地検査が通り、一週間程度経過しますと…、飲食店営業許可証が発行されます


風俗営業許可申請(7~8)
7 風俗営業許可申請
許可申請は行政書士だけでなく、依頼人も一緒に同席します。
所轄の担当者からの質問に対しては、基本的に行政書士が答えます。
許可申請してから実査まで二週間程度かかります。
依頼人と行政書士と所轄の担当者と浄化協会の4者の都合を合わせることになります。


8 所轄の担当者と浄化協会による実査から許可まで(構造検査)
実査には通常1時間以上かかります。
実査後は標準処理期間である55日以内(東京都では土日を除いて55日です。長いです)に許可が下ります